前主任司祭紹介


  このページを開いてくださってありがとうございます。
私は約50年日本におります。出身はドイツです。
日本に来てから、一番最初の出会いは北海道の西海岸である
羽幌、留萌です。3回の転勤で、又こちらの留萌管内に戻って
きました。
 ここで過ごした年月を数えてみると、全部合わせて、22年に
なります。
日本海のいわゆるヨコハマ(横浜)で住むことができたのは恵み
です。
広い海を見ていますと、海という漢字を思い出します。
その中に母という漢字が入っています。神さまの慈しみの心、
お母さんの心、それは海のように広い心。
私は外国人としてこの海の広さだけてなく、この広い心を一杯
いただき、感謝しています。
考えてみると海はやはり、全世界を結んでいます。
世界の境目のための海でなく、水は命の印であって、全世界を
結んでいます。
みんなにそれぞれの使命があると思いますが、私は神さまの
慈しみにより、カトリックの宣教師としての使命を果たすことが
できるように、キリスト様の祈りと導きによって、励まされながら、
今後も歩いていきたいと思います。
海は世界を結んでいると同じように、日本から世界に向かって
のメッセージ
〜世界のみんなは互いに兄弟姉妹〜というメッセージを持って。

ドイツ・フライブルグにて1936年出生。

3人兄妹の長男.。フランシスコ会士。1968年来日。

札幌北11条教会・羽幌・留萌・美唄教会にて司牧。

2014年7月叙階50周年の金祝を迎えた。
 留萌教会75周年記念ミサ

 羽幌教会50周年記念ミサ

 マンフレード神父叙階50周年

 記念ミサ(2015.7.21)